会長挨拶

『サインの森』は、2008年4月に任意団体として発足致しました。会員は、サインに関連する全ての企業が対象ですが、 例会に50~70%出席可能な方で、目的に賛同し勉強、意見交換、情報交換に積極的な参加と業界の発展に貢献できる企業を求めています。 又、入会には会員の紹介と全会員の承認を原則としております。

「事業目的」は、サインに関する新商品情報や業界情報の交換・勉強会・社員教育等のほか、これらを通したネットワークづくりです。
「行事活動」としては、原則毎月一回、東京にて定例会を開催して情報の交換・研修・勉強会を行ない、会員相互の親睦を深めております。
近年、景観・環境・省エネ等々の諸問題は、社会的にも、法律、条例、規則の面からの問題を重視しており、 中でも緊急課題となっております安全性の高い製品造り、安全施工、安全点検のマニュアル作りに勤めておるところです。

『サインの森』は、会員各社の持つ知識・情報・ノウハウを生かし、互いに手を携え協力しあいながら、クライアントの信頼を勝ち取り、 サイン業の発展と向上を目指して、これからも"日々改善"を合言葉に、安全で地球環境に優しく、お客様にご満足頂ける製品を送り出すべく 勉強を重ね、サイン業を通して社会に貢献が出来るよう会員一丸となって努めて参りたいと考えております。

サインの森 会長 林義幸

全国ネットが必要な仕事に対応。ネットワークを駆使して、広域に展開します。

(会則第4条の4.広域物件の受注活動)

広域に及ぶ店舗にまつわる新設・リニューアルや全国チェーン店舗のサイン・内装周りのメンテナンスなど、 地域が複数になる案件の段取りは手間がかかります。 地域の業者ごとに作業方法が異なったり、全ての工程を 管理することは大変です。
そのような場合、ぜひ、サインの森をご活用下さい。
サインの森では、全国の会員企業が各自のエリアのみならず、周辺の地域もカバーし合いながら、日本全国で施工が可能です。 毎月の定例会を通じ、コミュニケーションの取れた確かなネットワークで クライアント様のご要望にお応え致します。

新製品から消耗品まで、会員相互間仕入で、コストの削減を実現。

(会則第4条の3.会員相互間による特別価格資材販売)

サインの森では、会員間で割引価格で資材の販売機会を設けたり、 プレゼンテーションを行って頂いたメーカーよりキャンペーン価格で 製品を卸して頂いたりと、コスト面でも会員の業務をサポートしております。
コストダウンされた製品が現場で活用されることにより、 既存業務のコストパフォーマンスの改善はもちろん、 新製品の積極採用や新しい技術へのチャレンジを応援しています。

看板業界の更なるレベルアップを目指して、
看板業界の新入社員用のマニュアルを作成しています。

(会則第4条の7.看板業界の新入社員用のマニュアルづくり)

サインの森では、看板業界に足を踏み入れたばかりの新入社員のためのマニュアルの作成に着手しております。 看板業界に限らず、業界全体を盛り上げ、活性化させていくためにはいつも時代も次の世代の育成が必要不可欠です。このテーマにサインの森は、会員企業に協力頂き、その技術やノウハウを集約したマニュアルを作ることで、業界全体の発展に寄与していきます。

定例会

毎月定例会を開催し、製品勉強会や業界情報の交換会を実施。

月に一度開催されるサインの森定例会では、毎回テーマを決めて、各会員による情報交換やメーカーによる新商品のプレゼンテーションやLEDなどの新技術の勉強会などを行っております。
また、サイン業の業界情報だけにとどまらず、各分野から専門の講師を招いて、様々な法規制への備えや取り組み方、経営コンサルタントの講演まで幅広く実施。
会員からのニーズに合わせて、「今知りたい情報」をタイムリーに発信・習得。これも、月に一度開催しているサインの森の特徴の一つです。

新しい技術・発送を学ぶ。メーカー新製品プレゼンテーション。
サインの森の会員は、常に新しいものに前向きです。

メーカーによる新商品のプレゼンテーションは、いつも刺激に溢れたものになります。実製品を持ち込むメーカーも多く、実際に見て手に取って体感することも知識を深めるには大切な事です。中には実際に開発に携わった技術担当の方が製品特徴などを説明する場面もあり、そんな時には質疑応答の時間で、技術的な質問から突っ込んだ質問まで白熱した時間になることもしばしば。
プレゼンターも会員も真剣だからこそ、一体感のある空間で知識を共有し、そこで得た知識を各地域・各仕事に生かしています。

業界動向・関連法規、そして環境対策。サイン業界の「生きた」情報交換の場。

サインの森では、会員間による情報交換にも力を入れています。サイン業界の動向はもちろんのこと、関連する法規への対応の仕方、そして、環境対策(エコ)へのアプローチも話し合われています。
またサインの森の特徴の一つとして、各会員が体験談などを交えて、スピーチする時間を設けています。
各会員が力を入れている取り組みや、成功談・失敗談などを発表することで、他の会員からアドバイスをもらったり、質問を受けたりしながら自然と発言の機会が増え、活発な意見の飛び交う場が生まれています。